育毛シャンプーは女性にも必須アイテム!サラサラ美髪育成法

男性

薄毛治療薬で治療

男の人

副作用に注意

薄毛の進行は、大阪の育毛クリニックでプロペシアやミノキシジルの薄毛治療薬を処方してもらうことで進行を抑えることができます。薄毛に対して効果の高い薬ではあるのですが、副作用のリスクに対しても十分理解しておく必要があります。プロペシアは、男性ホルモンのはたらきを抑えて薄毛を抑えるため性欲が減退して勃起をしなくなったりもします。さらに精子の減少、また肝臓の弱い方は肝機能障害を引き起こすことがあるのです。ただし、これは大阪の育毛医療機関に通院して処方された場合ではなく、個人でネットの輸入サイトで購入した場合です。医療機関で処方される場合には、事前にカウンセリングをして現在患っている病気はないかきちんと検査した上で薬を処方します。

6か月間は継続

大阪で育毛クリニックで治療をしたからといってすぐに髪の毛が生えるわけではないです。まずは、初期脱毛と言って一時的に抜け毛が増加します。抜け毛が増えたことでショックを受けてしまいますが、これは新しいヘアサイクルになるために一度髪の毛が大量に抜け落ちてしまうのです。ここで治療をやめてしまうともったいないのです。最低でも6カ月は治療を続けるよう意識しましょう。6カ月間大阪の育毛クリニックで治療を続けて抜け毛が一向に止まる気配がない場合、治療法が合っていない場合もあります。また、もうしらばく治療を続けることで薄毛が改善してくることもあります。どう判断するかは自分次第とはなってしまいます。治療の辞め時ですが医師が決めるのではなく、自分で満足のいくところまでです。